2007年05月25日

トラノスケの病状

トラノスケが危篤状態に陥って、10日あまり・・・

何とか命を取り留めて、体力も回復してきました黒ハート

皆さんご心配おかけして申し訳ありませんでした
また、励ましのお言葉ありがとうございました m(__)m


今回、トラノスケは極度の脱水状態になり、体の電解質バランスが崩れ、インシュリンを打っていても、効いていない状態だったようですがく〜(落胆した顔)

確かに、エサの食いつきは悪くなってきているな・・・
とは思いましたが、前日までは水も飲んでいたし、しいて言えば、前日の夜にし水を戻した程度でした顔(汗)
それが、まさか翌日の朝には動けないほどになろうとは夢にも思いませんでしたたらーっ(汗)


この時の血液検査の結果の数値を見ると、肝臓もかなりひどく、腎臓にも多少の影響がある状態・・・、
「治療をして、脱水状態が緩和されても、肝機能が復帰する見込みは少ないと言われました。今の状態だと、入院して治療をしても、亡くなってしまう可能性もあるし、ならば、ご自宅で最期を看取ると言うのも、選択肢の1つです。後は、この子の生命力の強さしだいです。」と、先生に言われるほどでしたがく〜(落胆した顔)


とにかく、顔を見ても、皮膚の下にすぐ骨があるような、まるきり弾力がなくなってしまった状態で、呼吸も弱弱しく、本当に辛そうだったので、これ以上延命治療することが、トラノスケにとって、あまりにも辛い状態ならば、安楽死も考えなくてはならないかと、真剣に考えましたもうやだ〜(悲しい顔)
辛い治療を続けても、糖尿病は治る事はないし、苦しい状態を繰り返すのであるなら、むしろ、トラにとっては楽になるのではないかと・・・もうやだ〜(悲しい顔)



それから3日間、1日1回家でトラノスケに点滴を投与し続けたところ、3日目には何とか歩き出すようになって来ましたぴかぴか(新しい)
あれだけ、皮と骨だけになって、ひっぱるとそのまま皮膚が戻らなかった状態だったのが、いくらかふっくらしてきたし、弾力も出てきましたるんるん


回復に向かうトラノスケを見て本当にあの時、安楽死の道を選択しなくてよかったと思いました

そして、3日分の点滴がなくなったので再び病院に行った所、「だいぶ電解質のバランスも、好くなってきたので、もう少し同じ治療を続ければ、食事も取れるようになって来るでしょう」
と言われて、7日分の点滴をもらってきましたあせあせ(飛び散る汗)

おととい辺りからようやくエサを食べるようになってきて、体力もだいぶ回復してきたように思われます黒ハート本当に命が助かってよかったですわーい(嬉しい顔)

でも、こういう状態になることを繰り返しながら、いつかは別れなくてはいけないときが来るのだろうけど、それまでは、出来る限りの事はしてあげたいと思います



頑張れトラパンチ




ちなみに

ニックネーム とらルーま at 18:49| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

アシュリーも6ヶ月になりました

早いもので、気がつけばアシュリーも6ヶ月になりました
すでに体の大きさはルーシーとかわりなくしいて言えば
顔の長さが短い分子供っぽいかな〜わーい(嬉しい顔)
IMG_0930.gif
きっと来月あたりには初めてのヒートが来るだろうし・・・
オムツをはめられたらどんな反応をするんだろう顔(イヒヒ)
ルーシーのオムツを一生懸命気にしていたけれど・・・るんるん


それにしてもアシュリーはこれと言って今までにお出かけらしいお出かけは行った事がなく、お出かけと言えば、実家に連れて行ったぐらいかな〜顔(汗)

あ!でもゴールデンウィーク中には仕事の合間に市内を流れる巴波(うずま)川にこいのぼりを自転車にのって見に行ったりしたかな
IMG_0881.gif IMG_0882.gif

川の上を小さなこいのぼりがいっぱい泳いでいたんでするんるんでも、このほか、イベントと言えば、夏の灯篭流しや、みこし、冬の電飾ライトアップぐらいで、なかなかパッとしないまちです・・・たらーっ(汗)



それでも、この時はルーシーもアシュリーも風を切って自転車に乗って気持ちよさそうに川沿いの景色を楽しんだみたいです
IMG_0883.gif

IMG_0884.gif IMG_0885.gif

アシュリーは初めて自転車のかごに入れられてドキドキで落ち着かない様子だったし顔(イヒヒ)
IMG_0886.gif

IMG_0887.gif

身を乗り出して景色を見てもどこかぎこちなかったです顔(イヒヒ)
IMG_0891.gif  IMG_0889.gif


今までたいして遊びに連れて行ってあげたことはないけど、ルーシーと仲良く、元気にすくすく成長している姿を見ると本当に安心します。

一方、アシュリーの元気さとは裏腹に、トラノスケは火曜日あたりから体調を崩し、危篤状態こそ脱したとはいえ、まだまだ予断は許さない状況にありますもうやだ〜(悲しい顔)

せっかく血糖値も安定してきたと思っていた矢先だったのに・・・たらーっ(汗)
 
    











ニックネーム とらルーま at 19:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

ゴールデンウィーク中のこと

世の中のゴールデンウィークが終わり、月曜日から仕事が始まった皆さんもソロソロ仕事疲れが出てきた頃ではないでしょうか?

我が家は、ゴールデンウィーク中もお店の営業は通常通り行っていたので、どこにも出かけられない分、皆さんのお出かけレポートを見て楽しませてもらいました黒ハート
自分の記事もUPするつもりでしたが、訪問しているのが楽しくて、ついついUPし損ねたので少しずつUPしていきます手(チョキ)

四葉・・・四葉・・・・四葉・・・四葉・・・四葉・・・四葉・・・四葉・・・四葉・・・四葉

毎年この時期はだいたい暇なのですが、お店を休みにして出かけていったとしても、どこも混んでいて、日頃すいている時にばかり出かけている私たちには、混雑している所は苦手なのですたらーっ(汗)


だからこんな具合に2ワンはまったりすごしていました
下下下下下下下
IMG_0871.gif  IMG_0873.gif


それでも、いく?
と言う言葉にルーシーは敏感で

IMG_0875.gif
ピクンと顔をあげ、期待のまなざしで目こっちを見ます。

こうやって首をかしげながらぴかぴか(新しい)

IMG_0877.gif




それでも、どこにもいかないことがわかるとあきらめて、アシュリーなんかは寝てしまいました眠い(睡眠)眠い(睡眠)
IMG_0880.gif IMG_0878.gif




でも、そんな私たちにもゴールデンウィーク中にお休みがありましたるんるん
かわいいゴールデンウィークなか日の5月1日ですかわいい

この日は定休日だったので出かける事も出来ましたが、子供は学校だったので、午前中は動物病院に、トラノスケの糖尿病の定期治療プラス、アシュリーの狂犬病注射、ルーシーのワクチン注射をして来る事にしましたました手(チョキ)

さすがに3匹一度に連れて行くのは大変あせあせ(飛び散る汗)
おまけに猫はバスケットに入れていかなくてはいけないので、今回はパパさんにも付き合ってもらいました顔(笑)
注射前の検診で、体重を量ると、ルーシーは4.2キロ・アシュリーは4.0キロがく〜(落胆した顔)
着実にアシュリーはルーシーに近づいているし・・・
追い抜くのも時間の問題かしらあせあせ(飛び散る汗)
このほか、これといって2ワンにきになる症状はないので、
爪を切ってもらって、肛門腺を絞ってもらって終了Good

一方トラノスケは血糖値が毎週1回の検査を1ヶ月近くやって、ようやくインシュリンの投与量が決まりました。
朝晩、2回の注射を食後に打つことになりました顔(汗)

結局午前中はこれでおわってしまい
ひと段落着いてから午後は
パパと3匹留守番させて、私一人で買い物に出かけ車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
夕方戻ってきた時に、息子の部活動をやっているすがたを覗き見てぴかぴか(新しい)  我が子の野球姿ににんまり顔(イヒヒ)
(実は我が家、息子が通う中学の校庭とは塀続きなんでするんるんだから、部活をやっている姿はよく見えるし、逆に向こうからも見えるので、ばれないように見るのも大変なんですあせあせ(飛び散る汗)
なんせ、びみょーな年頃なので・・・)

荷物を持って家に入り、ホームウェアに着替えて来ると
玄関に息子の姿が・・・

あれ?さっき野球してたジャンexclamation
もう部活終わったの?

と聞くと、左の手首を押さえて

「いって〜たらーっ(汗)
ボールを捕り損ねて松井のようになったらしいのですがく〜(落胆した顔)

医者に連れて行くと骨折ですexclamation&question
と診断されましたが、幸い脱臼に近い状態だったので、全治1ヶ月もうやだ〜(悲しい顔)


全く、仮入部が終わってようやく本入部したばかりだと言うのに・・・
でも、物は考えようで、どうせ1年生はまだまだ玉拾いがメインで
大した練習もしていないうちだったからよしとしようわーい(嬉しい顔)


ニックネーム とらルーま at 19:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする